長期利用でも劣化しない最新インプラント事情

歯茎の下の骨に土台を作成し、歯を埋め込むのがインプラントになります。

元来は、骨の部分をあらわにするためにメスを入れて骨に穴を開けて土台を設置していたため、インプラント治療後、歯茎を縫う必要があり、傷が癒えるまでに時間がかかった上、口内細菌による感染症の心配もありました。

その後、3D画像を取り込み、コンピューターで治療計画と、治療のための治具の作成が出来るようになったため、歯茎にメスを入れる必要がなくなりました。

そして、歯茎に小さな穴を開けて土台を埋め込めるようになったため、治療後の回復にかかる時間も短縮され、感染症のリスクも小さくなりました。

しかし、インプラントの土台に使われるチタンは、撥水性で、骨や歯茎の細胞組織が土台に吸着して行きづらい上、細胞との吸着を阻害する炭素が、時間とともにチタンの表面に出てくるため、どうしても土台が劣化し10年程度の期間で再埋め込みが必要になるといった課題が残っていました。

新宿のインプラントのマニアックな情報をお届けします。

最新のインプラントでは、チタンの表面を特定の紫外線処理することで、表面に出てくる炭素を除去し、チタンを親水性にする技術が確率されました。

池袋のインプラントに対する期待が寄せられています。

この結果、骨や歯茎細胞と土台の吸着が非常に良くなり、初期段階でも土台が安定し、長期的に見ても土台が劣化しづらくすることに成功しています。

これらの技術は、日本人の医師の臨床試験によって確率されました。
そういって意味でも、インプラント治療の世界において、日本は最先端の技術を持つ国と言うことができます。

Yahoo!ニュースを詳しく調べるなら便利なサイトです。